Project Metamorphosis : 次世代のイベントストリーミングプラットフォームを披露。もっと詳しく

Leon Stiel氏
ディレクター : Citi Group
すべてが静止状態から動き続ける状態へとシフトする中、私たちの考え方も変える必要があります。
Watch Video

今こそが導入のタイミング:
クラウドネイティブサービスとしての Kafka

良いチームは Kafka を管理していますが、最高のチームは、(自前での) 管理はしていません。

世界で愛用される Kafka を管理負担なしに活用。Confluent なら、自社の有能なチームがデータインフラストラクチャの管理ではなくビジネスの課題に集中できるようになります。

Zookeeper 管理、クラスタのサイズ設定、スケーリング、容量計画も不要に。最新のセキュリティパッチを心配することもなくなります。

99.95% の稼働率保証と数10GBps まで拡張可能、さらに SOC 1、SOC2 Type 2、SOC 3、PCI、ISO 27001、EBA、GDPR、HIPAA 認証取得済みで安心して活用できます。

クラウドで費用を最大60%削減


Confluent の活用で、Kafka の自社管理に関するすべてのインフラストラクチャ費用が不要に。重要な人材の再配置でプロジェクト完了までの時間を短縮することもできます。

さらに、Kafka の専門知識に長けたエキスパートのサポートと助言をもとに、成功をスピーディに実現させ、費用のかかるダウンタイムのリスクを排除できます。

クラウドネイティブ、すべての機能を完備、あらゆる環境に対応
Confluent の強み

Confluent の違いは以下の3つの属性にあります。

クラウドネイティブ

Confluent のサービスは、バニラ Kafka ソフトウェアをクラウドへ押し込んだものではありません。完全マネージド型のクラウドネイティブサービスとして、Kafka の構成を基盤から作り直したものです。

すべての機能を完備

Confluent は100点以上の Connector、シンプルなデータストリーム処理、エンタープライズ級のセキュリティと信頼性、最小限の運用負担で Kafka を補完します。

あらゆる環境に対応

Confluent はクラウド、マルチクラウドやオンプレミスなどのあらゆる環境に対応するクラウドサービスと自己管理型ソフトウェアを提供しています。

Confluent がビジネスの中枢神経系に

リアルタイムの接続とアプリケーション

ユビキタスなリアルタイムデータ、継続的なリアルタイム処理


組織全体をリアルタイムのデータフローと処理に接続し、こうしたフローに反応し、対応するアプリケーションを構築。

Confluent は、世界有数の組織が充実したフロントエンドカスタマーエクスペリエンスとリアルタイムのバックエンド運用を実現することで競争に勝ち抜き、成功するためのサポートを提供しています。

顧客事例

「Kafka と Confluent が、Walmart のデジタルオムニチャネル変革と成功のバックボーンとなっています。」
「当社では、イベントをビジネスの運営と捉えています。」
「Confluent はまさに、当社の顧客向けのアプリから流通センターの運用に至るまで、すべてをカバーする中枢神経系として機能しています。」

Confluent の利用を今すぐ開始

クラウドネイティブサービス

Confluent の持つ力をインフラや面倒な手間なしで活用。

自己管理型ソフトウェア

オンプレミスのワークロードに対応するエンタープライズ級ソフトウェア。